生活発表会

11月22日(水)

ご縁と時間があい、小学校へ寄せていただきました。私自身、学校の思い出があまりないのです。しかし、色々とあるにしても、卒園した子ども達をみていると、幸せだな〜とつくづくと感じます。今はまだ、模索していても、きっと自分のやるべき生き方を見いだせるみつばちっこ。そんな力があるからこそ、今はただじっとこれから過ごす場所での周りを見定めながら、これから立つべき、あるべき自分をしっかりと感じている最中の子も入れば、どんどんと好きなことや力を発揮している子も。揺れて迷って右往左往しても、どっちが正解でもなく、今あるべき状況を、一緒に共に信じ、子ども達の権利をしっかりと守って行きたいですよね!