土入れパート4

お昼からは更に人もくわわり、いっぺんにやりきる大勢で、6台の一輪車が、たえず動き、土をひろげる人も大変です。女性チームも、任せて!と、何度も坂道を登ったり降りたり。そして、子どもたちも、やりたいことを見つめては挑戦してみる!そんな姿を、大人たちが助っ人したり、見守ったり、ちょっとコツを伝えながら最後までやってみる。!何気ないことですが、それが当たり前なんですね。 気がつけば、もう3時過ぎ、ここまでは仕上げよう!と、ラストスパート!一人なら、ここまでたどり着くのにどれだけ揺れては迷ったことでしょう。たった1日で、ここまで進めたこと本当に感謝と、そして、人の集まる輪の集団が作り出していく過ごしは、やはり大きく、創り出せる可能性は拡がる。まだまだ、学ぶことや、向き合わないといけないことも沢山ありますが、全ての子どもたちへと!手渡したい思いや願い、志を仲間と共に一緒に育んでいきたいです。その土台となる根っこを今日、耕し種を巻いていただいたこと、ありがとうございました。そして、本当にお疲れ様でした!