農家産直ポケットマルシャにて京たけのこ焼売の販売を開始しました。

田植えパート1

5月18日(木)晴れ

大原野は、筍の産地です。また、千両ナスも有名です。 さて、筍農家さんは、毎年、秋を終える頃、竹やぶに藁を一面にひきつめ、土を載せていきます。その藁を、作り出すためだけではありませんが、それは、お米の安さの問題。なんでも、質よりも値段の安物競争から始まり、労働条件の悪化などなど、感じるところは沢山ありますが、それはまた別の機会で話せたら、、、と思います。 同じく筍仲間の田植えをさせて頂くことができました。生涯2度目になります。以前、卒園児のご実家で経験させて頂いたことが経験大きな糧になり、機会は違うけれど、本質は一緒。だけど、もっと意味深いだなー!と、知ることになったのは稲刈りの頃ですが、今日は、何よりも、役に立ちたい!そんな精一杯でしたが、やってみろー!と、大きな見守りに支えられながら、必死でした。実りの秋が迎えられますように!と願うばかりです。