京筍の販売を開始しました。また、京たけのこ焼売の予約注文をはじめました。

2019年度 土入れ

10月30日〜11月20日

今年もいよいよ始まった筍畑の土置き。

親竹の芯を止め、肥料をやり、古い竹を切り、そして、藁をひきつめ

土を置く。

昔は、ツルハシで土を小堀、何ヶ月もかけて家族、親戚総出で行なっていたそうです。

今は、重機を使う所がほとんどですが、それでも作業の一部を手でされている方もいます。

さて、今年は少し面積も増えて約19反ほどの筍畑に、オペレーターとして携わりました。

朝から夕方まで、コボっては一輪車に土をのせて、運び、平らにうっすら広げる。

思いの外、順調に進みました。

2020年度は豊作年。楽しみです!