次の作業

9月22日(金)

稲刈りを終え、京たけのこ畑の準備。1つ1つ機械で藁を集めロール状にしていきます。雨に濡れると藁の量も半分ぐらいになります。なので、稲刈りも、お天気が続く日を選び、刈り取りながらお日様で乾燥させて、竹畑に運び込む。 積んだり降ろしたり、運んだりと、質の良いたけのこを育てるのに欠かせない作業ですが、なかなかの重労働。ですが、さくらちゃんも、みんなができることを精一杯頑張る中、私も!と、自らの気持ちを切り替え、立て直し、あともう少し!と、共に頑張る姿が日に日にどんどんと生まれています。同じことを同じだけでもなく、できないから見えないふりをするのでもなく、また、ただ頑張るだけでもなく、周りの人たちと共に心を使い、今自分は!と、目の前を立つ姿勢や意欲は素晴らしいと思います。そんな気持ちになる、大原野の環境や地主様の人としてての温かさがあってこそです。本当に今日も一日ご苦労様。