2019年度京筍焼売の販売を開始しました。

第2回目の肥料

9月15日(金)

京たけのこ畑の、肥料やり。こんな広いところできひん、、。え〜なんて見えないゴールと、想像するだけで大変さもわかり、どうにも喜びが生まれない最初。しかし、1スパンづつ、仕上げていくと、意外とできるかも!?に変わり始め、思いの外、1穴1穴に肥料を入れるシンプルな作業だからこそ、解りやすく、工夫も生まれ、応用を始める姿。最後の方では、あさもー!ここ入ってへんやん!とか、自らで考え行動し、ここまで仕上げるぞ!と、見通しと達成感に繋がっていきました。 お母ちゃん特製のお弁当を竹畑で、風と、太陽と空を感じながら、疲れたな〜なんて笑い話に変えながら美味しくいただき、午後もひと頑張りしましたよ!   そーそー、やはり、さくらちゃんはしんどいことにも、ほーすげーな〜と、様子を見に来てくれた師匠に出会いながら、嬉し恥ずかしも含めて、ありのままの自分んを認めてもらえる人の輪がとっても大好き!なんだな〜、そこを糧に生きる力に変える素晴らしい彼女です。