農家産直ポケットマルシャにて京たけのこ焼売の販売を開始しました。

ジャガイモの植え付け

お天気を見ながら、よしやろう!と今日、植え付けることにしました。

どうしたら、一番わかりやすく、できたー!と、実感を持てたり、ジャガイモ楽しみ!と、思い描きながら、ワクワクできるようになったらいいな〜と頭を悩ませながら、植え付ける方法をしばら〜く考えていました。

結果ですが、植え付ける場所だけを掘るのではなく、一手間かけて畝の溝をほり、そして、籾殻で目印をつけてちょっと説明してわかるようにしながら、逆に理解できなかったり、わかっていても周りが捉えられていない子や、我先にと!と、先走ってしまう子ども達とじっくりやりたいな〜と一応の段取りをしながら楽しみましたよ!

思いの外、準備が丁寧すぎ、わかりやすすぎて、物足りなかったかな〜と、言うことと、もう少し、もっとできるな〜と、自分たちで手直しをできることを一緒にしたらよかったかな〜なんて思い返しますが、次はどうする?!と、子ども達が逆に要求をしてくれました。

そこは想像もしていなかったので、ん、と一瞬悩みましたが、一緒に肥料を入れて、ジャガイモに土をかぶしました。更に、まだまだやりたい!子もおり、なら!と、遅霜の対策として、不織布をかけました。そーそー、私はヒラぐわを使っていたんですが、すぐさまその様子を見ていた子どもが、マルチぴんを鍬に見立て同じようにジャガイモに土をかぶせる作業をしてくれました。思いもしませんでしたが、ちゃんとやっている意味を理解しながら、自分もと柔軟に見出す姿はすごい!

その頃になると、ほ〜んと親身に思いを寄せて、語ってくれる数人の子でしたが、たくさん語って、ここからあとが楽しみ楽しみ!

*追伸:今は筍の時期になり、また夏野菜の段取りでちょっと毎日を多忙にしています。ブログ更新すみません。