春夏、そして、秋冬の準備

ここしばらく、頭を悩ませています、、、。昨年の春から1年を迎えますが、それらを踏まえた上で、今年春から冬にかけての準備と、更に、それ以降の作物や、畑での取り組み、そして、更なる発展を願い、総括し学び、事務仕事などなど、頭をフル回転しています。 何よりも今年度、子どもたちが畑大好き!と、過ごす場所の1つとして、微力ですが何かの力になれたことは、嬉しく思っています。また、それらをこれから先もっともっと支援の輪を広げ作り出し、拠点となる場所を、地主様や、休みの日に駆けつけてくださるお母ちゃんや、沢山の皆さんで可能性を見い出せたことは感謝が尽きません。同時に、どれだけの方々が、あさも畑の存在に心を寄せてくれたことでしょう。 そんな様々な出会いや、過ごしを振り返りながら、引き続き取り組んでいくとこや、新たに始めたいことなど、そして、自分にできる子どもたちへの精一杯を形にすべき、春からの準備。 限られた予算や機材と、場所での見出し方。あれがあれば、これがあればと考えてしまいますが、今ある中で、まだ、まだ、もうひといき豊かにみのりを迎えていけるように、知恵を振り絞ります。 追伸、もう少しで京筍畑のみのりを迎えます!楽しみだ!