お知らせ:ネットのお店を開設しました。こちらです

2018年代掻きパート2

5月後半

子ども達も待ちに待った代掻きです。

水を入れるだけでなく、トロトロドロドロに耕しながら

高低も直しながら、何度もすいていきます!きっと気持ち良いだろうな〜!

そんな想いを込め丸一日がかりで、あさも畑の田と、地主様の田を合わせ約6反程。

トラクターの掃除を終えたのは夕暮れです。

追伸、田をすき出すと同時に、餌を食べに鳥達がここぞとばかりに機械の真横まで来ます。

そして、ドロドロになる頃には、ツバメ達が巣を作る泥を何度ももらいに来ます。

また、一斉にカエル達も泣き出します。そこには、カラスも。

そんな光景をトラクターに乗り、目にしながら、人も動物も、互いに

命を営み、家族を作り、文化歴史を紡ぎあってるんだな〜と深々と感じます。

さてさて、明日を楽しみにやってくる子ども達ですが、

今はまだ深く考えることではありませんが、いろんな大人達の願いであったり

自然の中で作られ育まれる様々な尊い思いと命が共生しながら、

また人間も子どもも大人も、互いに生きているんだろうな〜!

ただ、自然はいいな〜!外で遊べたらいいな〜!そんな経験で留まらない

そんな日々へ繋げ、大きくなった時、これからの道を選ぶ時、

大きな大きなヒントとなり、架け橋になって行けるような

根っこになって行くといいな〜!